遺言書作成・相続手続のお手伝いを致します。大阪市中央区のたなか行政書士事務所です。初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

尊厳死宣言

尊厳死とは、病気や事故によって回復の見込みがなくなった場合に、本人の意思により延命治療を中止し、自然に任せて亡くなることです。

 

回復の見込みがない患者への過剰な延命治療は、患者本人を苦しめ、家族等に重い負担をかけることにもなります。

 

尊厳死を望む場合は、判断力があるうちに、その意思表示をしておかなければなりません。

 

尊厳死を希望するということを証明する書類(尊厳死宣言書)を作成し、それを医師に示せるようにしておく必要があります。

 

証拠力を高めるために、尊厳死宣言は公正証書で作成することが望ましいと思われます。

 

尊厳死については法律で明確には認められていませんが、宣言書がある方が希望が叶う可能性が高くなります。

事務所概要

Twitter


トップページ ブログ お問い合わせ