遺言書作成・相続手続のお手伝いを致します。大阪市中央区のたなか行政書士事務所です。初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

生前契約

生前契約とは、自分の葬儀について葬儀社等と生前に契約しておくことをさす場合もありますが、ここでは、自分が事故や病気、又は高齢になって、判断能力が低下した場合の財産管理や、死後の事務手続きについての契約のこととしています。

 

生前契約には、任意後見契約、見守り契約、財産管理等委任契約、死後事務委任契約があります。

生前契約記事一覧

任意後見契約

任意後見契約とは、判断能力が不十分になった場合に、生活、療養看護及び財産の管理に関して、任意後見人に与える代理権の内容を定める契約です。本人が判断能力があるうちに、自分で選んだ任意後見受任者と任意後見契約を結びます。任意後見契約は、公証人が作成する公正証書によって結ぶ必要があります。本人の判断能力が...

≫続きを読む

 

見守り契約

見守り契約とは、支援者が定期的に、本人の判断能力や生活状態を電話や面談で確認する契約です。将来型の任意後見契約を結んだ場合、契約時には本人に判断能力があり、判断能力が低下して任意後見の開始が必要になるまで時間がかかる場合があります。この間、任意後見受任者と本人との意思疎通がなければ、任意後見開始の時...

≫続きを読む

 

財産管理等委任契約

財産管理等委任契約とは、判断能力があるうちから、生活、療養看護及び財産の管理に関して、自分で選んだ人に与える代理権の内容を定める契約です。任意後見契約とは異なり、公正証書で作成する必要はありません。判断能力に問題はないが、身体が不自由で、事務手続き等を自分で行うのが難しい場合等に利用します。任意後見...

≫続きを読む

 

死後事務委任契約

死後事務委任契約とは、自分が亡くなった後の事務手続きに関して、自分で選んだ人に代理権を与える契約です。自分が亡くなった後の事務には、葬儀・埋葬に関する手続き、医療費・施設利用費等の支払い、役所等への届出、遺品整理等があります。財産管理等委任契約や任意後見契約では、受任者や任意後見人は本人が亡くなった...

≫続きを読む

 

事務所概要

Twitter


トップページ ブログ お問い合わせ