遺言書作成・相続手続のお手伝いを致します。大阪市中央区のたなか行政書士事務所です。初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業とは、福祉サービスの利用、日常生活に必要な入出金、事務手続き、重要書類の保管等について、社会福祉協議会が支援を行う制度です。

 

認知症、知的障害、精神障害、発達障害等のために、判断能力が不十分な人が利用できます。

 

ただし、この制度を利用するための契約は、本人がする必要があります。

 

契約する判断能力がない場合は、成年後見制度等を利用することになります。

 

支援内容、費用については、地域ごとに違いがあります。

利用の流れ

社会福祉協議会に制度利用の相談をする。
     ↓
社会福祉協議会が本人の希望、判断能力を確認する。
     ↓
社会福祉協議会が契約書、支援計画を作成する。
     ↓
本人と社会福祉協議会が契約する。
     ↓
社会福祉協議会の支援を受ける。

事務所概要

Twitter


トップページ ブログ お問い合わせ