遺言書作成・相続手続のお手伝いを致します。大阪市中央区のたなか行政書士事務所です。初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

相続人

相続人には順位があります。

 

その順位は、被相続人の@子、A直系尊属、B兄弟姉妹の順です。

 

後順位の相続人は、先順位の相続人がいる場合は、相続できません。

 

被相続人の配偶者は、常に相続人となりますが、他に相続人がいるときは、その相続人と同順位になります。

 

被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき等は、被相続人の孫が相続人となり、被相続人の孫も、相続の開始以前に死亡したとき等は、被相続人の曽孫が相続人となります。

 

子、孫、曽孫等がいない場合は、直系尊属が相続人となりますが、父母がいる場合は父母が、父母どちらもいない場合は祖父母が相続人となります。

 

子、孫、曽孫等、直系尊属がいない場合は、兄弟姉妹が相続人となりますが、兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡したとき等は、兄弟姉妹の子(甥・姪)が相続人となります。

 

法定相続分

相続人は、遺産分割までは、法律に定められた割合で相続財産に対する権利を有します。

 

法定相続分は、以下のとおりです。

 

・配偶者と子が相続人の場合
 →配偶者2分の1、子2分の1
・配偶者と直系尊属が相続人の場合
 →配偶者3分の2、直系尊属3分の1
・配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合
 →配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1

 

子、直系尊属、兄弟姉妹が複数いる場合は、その相続分は均等に分けることになります。

 

・配偶者と子2人が相続人の場合
 →配偶者2分の1、子4分の1ずつ

 

父母の一方が同じ兄弟姉妹の相続分は、父母の双方が同じ兄弟姉妹の相続分の2分の1です。

事務所概要

Twitter


トップページ ブログ お問い合わせ