遺言書作成・相続手続のお手伝いを致します。大阪市中央区のたなか行政書士事務所です。初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

相続放棄

相続人は、相続を放棄することができます。

 

相続を放棄すると、その相続に関しては初めから相続人ではなかったものとみなされ、亡くなった人のプラスの財産もマイナスの財産も引き継ぎません。

 

相続放棄は、自分が相続人となる相続が開始したことを知った時から3か月以内に、家庭裁判所に申述して行わなければなりません。

 

この3か月の期間は、亡くなった人の財産の内容を確認するのに時間がかかる等の理由がある場合には、家庭裁判所に請求して延長できることもあります。

 

相続人が、相続財産の処分等を行うと、相続放棄はできなくなります。

 

ただし、相続財産の処分の方法やその状況によっては、その後の相続放棄が認められる場合もあります。

事務所概要

Twitter


トップページ ブログ お問い合わせ