遺言書作成・相続手続のお手伝いを致します。大阪市中央区のたなか行政書士事務所です。初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

相続手続

相続とは、人が亡くなることによって、その人の財産等が法律で定められた人に引き継がれることです。

 

この場合、亡くなった人を被相続人、財産を引き継ぐ人を相続人といいます。

 

亡くなった人が遺言書を作成していれば、その内容にしたがって、手続きを進めることができます。

 

遺言書がない場合は、相続人全員で話し合い、その財産の分け方等を決めて、手続きを進めます。

相続手続記事一覧

相続人

相続人には順位があります。その順位は、被相続人の@子、A直系尊属、B兄弟姉妹の順です。後順位の相続人は、先順位の相続人がいる場合は、相続できません。被相続人の配偶者は、常に相続人となりますが、他に相続人がいるときは、その相続人と同順位になります。被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき等は、被相...

≫続きを読む

 

遺留分

遺留分とは、一定の相続人が、一定の割合で確保できる相続財産のことをいいます。相続人が配偶者、子等である場合、 相続財産の2分の1が遺留分となります。直系尊属のみが相続人である場合、相続財産の3分の1が遺留分となります。兄弟姉妹には、遺留分がありません。遺留分を有する相続人が2人以上いる場合は、相続財...

≫続きを読む

 

相続放棄

相続人は、相続を放棄することができます。相続を放棄すると、その相続に関しては初めから相続人ではなかったものとみなされ、亡くなった人のプラスの財産もマイナスの財産も引き継ぎません。相続放棄は、自分が相続人となる相続が開始したことを知った時から3か月以内に、家庭裁判所に申述して行わなければなりません。こ...

≫続きを読む

 

遺産分割協議

遺産分割協議とは、亡くなった人の財産の分け方等を、相続人全員で話し合い、相続人全員の同意で決めることです。相続人に未成年者がいる場合、認知症等のために判断能力がない人がいる場合は、家庭裁判所での手続きが必要になることがあります。遺産分割協議で決められたことを書面化したものが、遺産分割協議書です。遺産...

≫続きを読む

 

法定相続情報証明制度

法定相続情報証明制度とは、法務局が、亡くなった人の相続関係を確認し、その相続関係を証明する書類を交付する制度です。法務局の交付する「法定相続情報一覧図の写し」は、亡くなった人の不動産の名義変更や預貯金の引出等、相続手続きに利用することができます。

≫続きを読む

 

事務所概要

Twitter


トップページ ブログ お問い合わせ