遺言書作成・相続手続のお手伝いを致します。大阪市中央区のたなか行政書士事務所です。初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

遺言書

遺言書を作成することによって、自分が亡くなった後、財産を誰にどれだけ遺すのかを決めることができます。

 

必要があれば、遺言書の内容を実現するため、財産の引継ぎ等の手続きを行う人を決めておくこともできます。

 

その時々の状況に応じて、何度でも作り直すことが可能です。

 

ただし、遺言書で決められることについては、法律によって制限があります。

 

法律で定められた方式に従って作成しなければ、無効となることもあります。

遺言書作成の流れ

戸籍謄本等を取得して、誰が相続人となるかを確認する。
     ↓
不動産、預貯金等、どのような財産があるのかを確認する。
     ↓
財産の分け方等、遺言書の内容を決める。
     ↓
遺言書の方式を選択する。
     ↓
遺言書を作成する。

遺言書の種類

一般的に使われる遺言の方式には、下記の3種類があります。

 

@自筆証書遺言
A公正証書遺言
B秘密証書遺言

 

それぞれ長所と短所があるので、遺言の内容に応じて、どの方式が適切かを選択することになります。

遺言書記事一覧

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、遺言者が、遺言書の全文、日付、氏名を自書し、押印する遺言です。長所@自分だけで作成できる。A自分だけで作成した場合、遺言書の作成には費用がかからない。短所@法律で定められた要件を満たさず、無効になる危険性が高い。A遺言書が発見されない危険性がある。B遺言者の死後、遺言書を家庭裁判所に...

≫続きを読む

 

公正証書遺言

公正証書遺言は、公証人が遺言者の意思を確認して、公正証書で作成する遺言です。公正証書遺言作成の際には、証人2人以上の立会いが必要となります。証人になれない者として、遺言者の相続人となる予定の者等が法律で定められています。長所@公証人が遺言書の作成に関わることで、無効になる危険性が低い。A公証役場に遺...

≫続きを読む

 

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、遺言書を封印して公証人に提出し、認証を受ける遺言です。公証人は、遺言書が作成されたことについての確認はしますが、内容の確認はできず、遺言書の保管はしません。秘密証書遺言の提出の際には、証人2人以上の立会いが必要となります。証人になれない者として、遺言者の相続人となる予定の者等が法律で...

≫続きを読む

 

事務所概要

Twitter


トップページ ブログ お問い合わせ