遺言書作成・相続手続のお手伝いを致します。大阪市中央区のたなか行政書士事務所です。初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、遺言書を封印して公証人に提出し、認証を受ける遺言です。

 

公証人は、遺言書が作成されたことについての確認はしますが、内容の確認はできず、遺言書の保管はしません。

 

秘密証書遺言の提出の際には、証人2人以上の立会いが必要となります。

 

証人になれない者として、遺言者の相続人となる予定の者等が法律で定められています。

 

長所
@遺言書の内容を他人に秘密にできる。
Aワープロ等で作成できる。ただし、署名の自書、押印は必要となる。
B公証人の作成手数料は必要となるが、公正証書遺言よりは低額となる。

 

短所
@法律で定められた要件を満たさず、無効になる危険性が高い。
A遺言書が発見されない危険性がある。
B遺言者の死後、遺言書を家庭裁判所に提出する等の手続きが必要となる。

事務所概要

Twitter


トップページ ブログ お問い合わせ